忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2009.12.06,Sun

・実に久々に変夢。
状況は湯気立ちこめる銭湯の洗い場。冨士の壁絵を背負った大きな湯船を前にプラスチックの桶が並ぶ中、自分以外の客は何故か皆その筋の人達ばかり。で、いきなり彼らがどこからともなく拳銃を取り出して撃ち合いを始めたからさぁ大変。
唖然としているうちに背中に一発喰らって倒れ伏す羽目に。そんな自分を見つけた彼らにすぐさま抱きかかえられて脱衣所へ。そのまま安静にさせて貰えるのかと思ったらそのまま長椅子の上に俯せに寝かされてそのまま銃弾の摘出処置に突入。
直接見えることはないもののごっつい刃物を背中に突き立てられているのが分かる。刃先が自分の体内に侵入、ゆっくりと円を描くようにこじられ、時折張り詰めた紐を切るような手応えと共にブチッと音がして、その時だけ強烈な痛みがその都度走る。
そのまま潜り込んだ銃弾の縁をなぞるようにぐるりと一周したその辺りで目が覚めた。

・「DTB」9話。
前回の引き際にそれなりの燃料投下があったのだから今回は一拍挟むように穏やか展開、丁度そういうノリに打って付けの前作からのゲストキャラも引っ張ってきたし、これならドタバタユルリの脱線エピソードでむ……かと思いきや、こちらのそんな予想とは完全に真逆に振ってきてあわわ。容赦なく突き落とすなぁ、そして怒濤の如く畳みかけてくる。
序盤の父親の様子といい、要所要所の黒の言動といい、一見全くの別ラインっぽく、或いはあくまで黒と銀の側の事情めいて脇から突っ込まれてきたイザナギとイザナミの絡みといい、思い起こせばここに至るまでの随所で微かな引っかかりはあった訳で、もしそれらが全て端から織り込み済みの伏線として張り巡らされていたのだとしたら、もうどんだけ周到かつ緻密なのよと大きく唸らざるを得ないかも。それでいて鏤め方は逐一さりげなく、だからこそここに来て益々その巧妙さが際立つ訳で。巧い、巧いなぁ。
で……結局なんなのさ、蘇芳って。

・数日に渡ってのバタバタがようやくひと落ち着き。毎度かつ数年来のことなのでどうということも無いけれど、とはいえどうにも慌ただしいことには変わらないのでそれはソレ。


コメントレス
>Jさん
なんていうか、根底にある姿勢みたいなものが実はものすごく大真面目なアニメだと思うんですよ>ミラクルトレイン
あとなんのかのでいちいち熱いし。これってすごく極めて伝統的な少女漫画スタイルだよね。花ゆめ系。
あとこの枠の同系統の作品はなんのかので男性から見ても十分楽しめるしっかりした作り込みのタイトルがこれまでも多かったんですよと付記。金色のコルダとかネオアンジェリーク辺りね。

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]