忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.11.18,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2011.01.29,Sat

気が付けばもう1月も末尾であわわとなる今日この頃皆様如何お過ごしでしょうか。
というか新年早々有限不実行状態で不甲斐ないことしきり。結局全然日記を更新出来ないまま気が付けばもう月末だという。

・一応本家の方はちまちまメンテしてみたりしたのでそっちについてはまだ放置状態は避けられてたり……なんて思わないでもないものの、そっちはそっちでやっぱり不甲斐ない要素無きにしもあらずというか、ティアナの綴りは"Teana"であって"Tiana"でないことに今更のように気付くワナ。
とりあえずファイル名は全部変更済み。但しコピー誌サンプルのタイトル表記はままならず。オフセ本の方は本文表記も含めて大丈夫だったのに何故……ってまぁコピー誌なんて切羽詰まってる状況だからなんだろうなぁ、最初にポカったまま半ばテンプレで使い廻してたからなんだろうなぁ、ああああ。

・オフセと言えば遅ればせながら冬コミおつかれさまでした&スペースにお立ち寄りいただきありがとうございました。
そして完売厚く御礼申し上げます。これからもより一層お楽しみ頂けるように精進していきたいと思う所存。
とはいえよもやよもや一回限りで新刊を売り切ってしまうようなことになるとは思ってもみなかったので嬉しいながらも実感希薄。そして次回以後のイベントに持っていくものが無くなってしまった事実に軽く戸惑いを覚えないでも無かったり……ううむ、コミケ後は暫く既刊のみでお茶を濁すとかそういうのはやっぱりダメですかそうですか(汗笑)

・それはさておき携帯電話の紛失と共に年が明けた感のある2011年。
事が起きたのは二日であり厳密には紛失したと「思い込んでいた」に過ぎず、早々にモノも出てきたのでとどのつまりは何も問題は無かったのだけれど。とはいえ流石に肝を冷やしたと言わざるを得なかったり。

・ロードバイクを車載して帰省→墓参りの後に境内でロングタイツとジャージに着替えてその際脱いだカーゴパンツとシャツは車のトランクに放り込んで離脱→10kmほど走った所で貴重品諸々を収めたウエストバッグのジッパーが一箇所半開きになっていてそこに入れておいた物の中で「携帯電話だけ」が見当たらない→公衆電話を探して携帯の番号にコールするも鳴り続けるばかりで出る者無し→モノはまだ路上にあると踏んで慌てて元来た道を引き返しながら捜索→出発地点の境内まで辿るも発見ならず。寺社の住職に伺うも届け出無し→公衆電話より車で先行している家族に連絡。トランク内の着衣を探って貰うも出てこない→そうこうしているうちに日も暮れ始めたので仕方なく帰省先まで走り続ける→到着して落胆しつつ、とりあえず着替えてひと心地付けようとした時にたまたまパンツ裾のカーゴポケットにに触れた指に何か感触があってあれれ……といった顛末。

・という訳で、到着した直後に家電借りて手続きしておいた利用停止を速攻解除。
申請してものの3分で回線が遮断。対応している機種だったので端末そのものの操作も一切出来なくなっていてちょっとばかり感心。ナルホドこういう風になっているのか。解除後の反映も素早かったし、なんだかちょっと感心。

・にしても何故トランク内の衣類を確かめて貰った時点で発見されなかったのかと思うとまさに狐に摘まれた感。パンツ自体の生地も厚かったし、伴ってカーゴポケット自体も何も入れてなくともちょっとごそっとした代物ではあったけれど。いずれにしても完全に失われていたものが自分が着替えた後の段階になってそこへいずこかから現れたようにしか思えないような出来事だったとさ。

・というか年明けしたら機種変しようと思ってた矢先のことだったので色々と心中複雑。
だが機種変自体は踏み切らざるを得ない所まで来てる感があったのでここはどうにか聞き入れてほしいと握りしめた端末にぐっと思いを伝えるのこと。
カード差し替えれば使えるし、カード抜いた状態でも先代の貴方にはまだまだ役に立って貰うつもりだから。というかメール打ってる最中にいきなり待ち受けに戻ったりする貴兄にはもう一線を張るのは無理なんだよ長文が半ばで消えるとか流石にもう勘弁なんだよ。

・そんなこんなで機種変を敢行。暮れから目を付けていたものの願掛けめいて購入を見送っていたものが年を越してもまだ同じ店にあったのでやはりこれは巡り合わせとばかりに。
スマホでもないし最新機種でもないけれど。いいんだずっと気になってたものだから。

・話変わって年明け新番の「魔法少女まどか☆マギカ」にいきなりドハマりしてしまったのこと。ある種急性中毒めいて。
思わせぶりな演出と逐一次週を気にさせる構成の妙に掴まれていたっていうのもあるけれど、なによりマジカルなマスケット銃を縦横無尽にマミさんのエレガントかつダイナミックなガンアクション、そして何よりたった3話、かつほんの僅かな台詞とシーンで一気に引き込まれたシナリオの妙っぷりに揺さぶられまくり。
アニメ脚本で近年ここまでのマジックって早々お目に掛かった記憶がちょっと無いかも。ああもうなにこれ。そして……ええっと、どうしよう?

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]