忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.11.18,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2011.10.26,Wed

久しく失礼しております、お元気ですか?
こちらはすっかり鼻風邪状態でずびずばぐんにょりな感じですごきげんよう。のみならずバタバタしているうちに結局また半年以上も間を空けることになってしまいましたあわわ。

・それはさておき先週末はリリカルマジカル12お疲れさまでした。
並びにこの度も当方スペースにお立ち寄り頂き本当にありがとうございました……当日新刊のコピー本のみならず、夏から頒布継続中のなの×ティア短編総集編本も多くの方に手にとって頂き恐縮至極、そして改めて感謝申し上げる次第であります。

・コピー本の方はかなりギリギリのタイミングで作業をしていたので比較的早々に完売となってしまい、折角お声を掛けて頂いたにも関わらずお詫びを申し上げることしか出来なかった方もいらっしゃって、それについてはなんとも心苦しくも……いずれまた先述の「more sweetest!」みたいな、或いはもっと他の形で何かしらフォローが出来たらなと思いますので、今後の活動と併せて逐次チェックをして頂ければ幸いです。

・でもこうして思いがけず手応え感じさせて頂くにつけ、突発コピー誌とはいえやっぱり新しいものを持ち込むことが出来てよかったなぁとしみじみ思うことしきり。
という訳で、今後もこんな感じでぼちぼちやって行こうと思います故、何卒宜しくお願い致します。

・真裏でサンクリがあった兼ね合いで当日は珍しく完全一人サークル状態の参加となって、さぞ会場ではぼんやり過ごすことになるのだろうなぁと思っていたのですが、その実思いがけない新たな交流の機会を頂き、終日賑々しくかつ楽しく過ごすことが出来ました。という訳でこの場を借りてお心当たり頂ける方面に改めて厚くお礼申し上げます。というか、まさかああいう場で「弱虫ペダル」の話題で盛り上がることになるとは思ってもみませんでしたよええ。

・「弱虫ペダル」と言えば、今回の当方の突発本は趣味の極みというか思いっきり暴挙に走ったというか「なの×ティアでロードバイクネタ」だった訳ですが、果たしてお楽しみ頂けましたでしょうか。ニッチなカップリングな上にある意味大きくメインストリームからはみ出したアプローチだったので正直どういう風に受け止めて頂けたか不安な所もあるのですが……是非感想等聞かせて頂きたい所であります。
まぁでも今回は実験というか習作色が強かったので、いずれまたもう少し腰を据えて取り組んでみることもあるかも。ある、ような。

・初春からずっとジェットコースターのような日々が続いて、気が付くと即売会にサークル参加する&お手伝いや一般で出掛ける以外の思い出がほとんど無いまま今年も残す所あと僅か……そしてもう行ってるうちに冬コミの当落通知の時期がやってくる訳ですよ。よって引き続き備えねば。

・ああでも一方でアニメ三昧なことは否めず。未だにトラウマの域に達したままの「まどマギ」以後何かとツボな作品が多くて嬉。ひとまず今期は「Fate/Zero」と「たまゆら」。あと「シーキューブ」が思いの外にドストライクで困るぐらい。そして「ピングドラム」も俄然面白くなりつつあると思う今日この頃。
あ、悠木碧さんがダダ漏れ状態の「ベン・トー」も素敵です。

とまぁこれだけでもナンなので、折角だから先日かなり久々にロングライドへ出掛けた際の画像など載せてみる試み。という訳で三浦半島一周行。

miura2011_001.jpg





















海辺とはいえどん詰まりともなれば思いの外アップダウンも多くて、気が付けば450メートルぐらいの高低差を走っているのが醍醐味的なルート。

横須賀からしばらくの間はいつもなら内陸を通る所を、今回は観音崎方面を廻って浦賀に抜けてそのまま三浦海岸まで。海岸線が入り組んで見える浦賀辺りは内海っぽい風情があってこれもまたよし。

miura2011_002.jpg






































そういった側面も含めて三浦半島方面のルートは景色やシチュエーションの変化に富んでいてやっぱり気持ちいいなと再認識。何度走っても飽きない!





 

PR
Posted by このはら柚子 - 2011.02.21,Mon

・夏コミにリリマジに+アルファと申し込みの類が集中してタイトルの如く。白いあいつのせいではないけどこればかりは致し方無し。
催されるなら出ねば、そして出るならやらねば……ってことで今年も少しずつ慎ましやかに、でもその都度きっちり楽しんで頂けるよう動いて行きたいと思う所存。

・雪の降り出した夜に集って魔法少女を語る会。ご一緒した方が劇場版から入って「なのは」にハマってくれたのでひとまず嬉。なのは総攻めってことで意見が一致したのもまたよきかな。
そして全員揃って目下皆「まどマギ」に夢中ということで直前までの展開を踏まえた上で話が弾む弾む。概ねの状況としては「ほむら派」と「マミ派」が白熱してぶつかり合うのを「さやか派」と「ひとまず静観派」が見守るといった具合に……ってあれ?(汗笑)

・久方ぶりにサンシャイン・クリエイションに参加。自スペースでは出てないけれどお手伝いという形で。
一時を挟んで雰囲気がいくらか変わったと聞き及んでいたもののホール数がやや減ったぐらいで概ねそのままで和む。そして目的は果たせた。動向も掴めた。

・行きつけのアウトドアショップから会員対象のサービス券が今年も到着。
自転車関係の取り揃えが充実してる店なのでこれは活用しない手は無い……ってことで今更ながらドロッパエンドに装着するミラー・Busch-Mueller Cycle star901/2を求めてみるのこと。簡素なもののはずなのに微妙に値が張るのでわざわざ付けなくても……と導入を渋っていたけれどここぞとばかりに。

0f7b7204.jpg


















・で、いざ手にとってみたら案外しっかりした作りで先入観よりはやや納得感が上回った心地。
固定もただ差し込んで何かしらの弾性に頼るのではなく、スレッドステムのように差し込んだウスをボルトで引き揚げてしっかり固定する仕組みだったのがまず好感。
そしていざ装着して走ってみたらこれが思いの外よく見える!立てかける時に注意が必要だけれどそれで角度が狂っても簡単に修正可能だし、少なくとも走行中の振動でずれることも無さそうだし。
そして何が便利かと言えば後方から追い上げて来る自動車だけでなくてすぐ後ろに自転車が付いた時もすぐに気付くことが出来るという。気付くことが出来ればハンドサインも出せるしよってお互い精神的。予め後ろが居るって分かっている場合でも逐次お互いの存在を確認出来る訳で、これで友人らと連れ立ってロングライドに出掛ける時も安心あんしん……って車に対する備えというよりも導入に及ぶにあたっての意識としてはどちらかと言えばそっちの向きの方が大きかったという。

・それならどんどんロングライドに行けばいい訳で、実際先頃もそんな風に企てて今年初の湘南進出……と目論んではみたもののいざ出掛けてみたらこれが折からの曇天と寒気に見舞われ、そして何より凄まじい強風の前にあえなく色々と挫かれてしまったという。
そして結局正味10km程度行った先の自転車屋を物色しつつあーだこーだ語り倒してその後うどん屋で暖を取ってその日は済ませる体たらく。ああ、熱海が、伊東が遠退く、遠退く。

・そうは行っても厳冬期=乗らないっていう選択肢がいつの間にか自分の中から消えてることをふと実感してあれれ。
ロードに乗り始めてから3度目の冬。人間ここまで変わるものか。変わってしまうのか。いやでもよっぽどのことが無い限り走り始めれば実際そんなに寒さは気にならないし。それこそ気になるのは手指、足の爪先ぐらいだし。

・とまぁそんな調子で気が付けば走行距離が先月ひと月分だけでも300kmに届いてて自分でも少しばかり当惑。
これも冬コミ明けまでそこまで乗れてなかった反動なのか……いやでも長めに乗ってもせいぜい自宅と秋葉原を往復したぐらいで、それだってせいぜい100kmに届かない程度。
それでもちょっとした買い物も含めた日頃の移動レベルで意識的にこまめに乗るようにしてたのが効いたか。我ながら今年の冬は何かが違う。

・いやでもそれぐらいの距離だって乗る人が乗ったら季節関係なしに練習として一日で走りきってしまう程度。
そういう意味ではまだまだ精進が足りないってことやはり実感せざるを得ない訳で。

・行けない話ばかりで締めるのもナンなのでここで少々ネタを投下……ってことで昨年の晩秋に箱根を登った時の画像など。

hakone_01.jpg hakone_02.jpg


















という訳で、もう暫くの間ずっと行く機会を見計らっていて、何より近しい先達の方々からも「乗ってるならやっぱり行かないと!登らないと!」と再三勧められていた天下の険をどうにか登頂。並びにフル自走で登りおよそ20kmを含む全肯定160km弱を走破。
去年の春先に湘南国際村、その後初夏に挑んだヤビツの経験が効いたのか、行程中一番の難所の国道1号も這々の体にならずに済む程度でどうにか越えて芦ノ湖まで到達。そしてその後更に登る形で仙石原まで進出を果たせたという。

hakone_03.jpg





















既にどちらも車で訪れたことはあったものの、そういった場所によもや自転車と身一つで到達出来るとは……っていうローディーならではの喜びを改めて実感。後者は特に思い入れの深い場所なので感慨もひとしおだったと率直に。来年以後も折をみてまた登ろう。

・って寒いの以外に登り坂に対する抵抗もいつの間にかこうして薄れてしまっているという。もう色々とダメかもしれないとふと気付かされる瞬間。

・ダメかもしれないと言えば、キシリウムSLの幅広スポークににマスケット柄のカッティングシートを一本一本貼り込んでハブのロゴをMAVICからMAMICにとかふと思い浮かんで……いやしない、そしてなんでもない。

Posted by このはら柚子 - 2011.01.29,Sat

気が付けばもう1月も末尾であわわとなる今日この頃皆様如何お過ごしでしょうか。
というか新年早々有限不実行状態で不甲斐ないことしきり。結局全然日記を更新出来ないまま気が付けばもう月末だという。

・一応本家の方はちまちまメンテしてみたりしたのでそっちについてはまだ放置状態は避けられてたり……なんて思わないでもないものの、そっちはそっちでやっぱり不甲斐ない要素無きにしもあらずというか、ティアナの綴りは"Teana"であって"Tiana"でないことに今更のように気付くワナ。
とりあえずファイル名は全部変更済み。但しコピー誌サンプルのタイトル表記はままならず。オフセ本の方は本文表記も含めて大丈夫だったのに何故……ってまぁコピー誌なんて切羽詰まってる状況だからなんだろうなぁ、最初にポカったまま半ばテンプレで使い廻してたからなんだろうなぁ、ああああ。

・オフセと言えば遅ればせながら冬コミおつかれさまでした&スペースにお立ち寄りいただきありがとうございました。
そして完売厚く御礼申し上げます。これからもより一層お楽しみ頂けるように精進していきたいと思う所存。
とはいえよもやよもや一回限りで新刊を売り切ってしまうようなことになるとは思ってもみなかったので嬉しいながらも実感希薄。そして次回以後のイベントに持っていくものが無くなってしまった事実に軽く戸惑いを覚えないでも無かったり……ううむ、コミケ後は暫く既刊のみでお茶を濁すとかそういうのはやっぱりダメですかそうですか(汗笑)

・それはさておき携帯電話の紛失と共に年が明けた感のある2011年。
事が起きたのは二日であり厳密には紛失したと「思い込んでいた」に過ぎず、早々にモノも出てきたのでとどのつまりは何も問題は無かったのだけれど。とはいえ流石に肝を冷やしたと言わざるを得なかったり。

・ロードバイクを車載して帰省→墓参りの後に境内でロングタイツとジャージに着替えてその際脱いだカーゴパンツとシャツは車のトランクに放り込んで離脱→10kmほど走った所で貴重品諸々を収めたウエストバッグのジッパーが一箇所半開きになっていてそこに入れておいた物の中で「携帯電話だけ」が見当たらない→公衆電話を探して携帯の番号にコールするも鳴り続けるばかりで出る者無し→モノはまだ路上にあると踏んで慌てて元来た道を引き返しながら捜索→出発地点の境内まで辿るも発見ならず。寺社の住職に伺うも届け出無し→公衆電話より車で先行している家族に連絡。トランク内の着衣を探って貰うも出てこない→そうこうしているうちに日も暮れ始めたので仕方なく帰省先まで走り続ける→到着して落胆しつつ、とりあえず着替えてひと心地付けようとした時にたまたまパンツ裾のカーゴポケットにに触れた指に何か感触があってあれれ……といった顛末。

・という訳で、到着した直後に家電借りて手続きしておいた利用停止を速攻解除。
申請してものの3分で回線が遮断。対応している機種だったので端末そのものの操作も一切出来なくなっていてちょっとばかり感心。ナルホドこういう風になっているのか。解除後の反映も素早かったし、なんだかちょっと感心。

・にしても何故トランク内の衣類を確かめて貰った時点で発見されなかったのかと思うとまさに狐に摘まれた感。パンツ自体の生地も厚かったし、伴ってカーゴポケット自体も何も入れてなくともちょっとごそっとした代物ではあったけれど。いずれにしても完全に失われていたものが自分が着替えた後の段階になってそこへいずこかから現れたようにしか思えないような出来事だったとさ。

・というか年明けしたら機種変しようと思ってた矢先のことだったので色々と心中複雑。
だが機種変自体は踏み切らざるを得ない所まで来てる感があったのでここはどうにか聞き入れてほしいと握りしめた端末にぐっと思いを伝えるのこと。
カード差し替えれば使えるし、カード抜いた状態でも先代の貴方にはまだまだ役に立って貰うつもりだから。というかメール打ってる最中にいきなり待ち受けに戻ったりする貴兄にはもう一線を張るのは無理なんだよ長文が半ばで消えるとか流石にもう勘弁なんだよ。

・そんなこんなで機種変を敢行。暮れから目を付けていたものの願掛けめいて購入を見送っていたものが年を越してもまだ同じ店にあったのでやはりこれは巡り合わせとばかりに。
スマホでもないし最新機種でもないけれど。いいんだずっと気になってたものだから。

・話変わって年明け新番の「魔法少女まどか☆マギカ」にいきなりドハマりしてしまったのこと。ある種急性中毒めいて。
思わせぶりな演出と逐一次週を気にさせる構成の妙に掴まれていたっていうのもあるけれど、なによりマジカルなマスケット銃を縦横無尽にマミさんのエレガントかつダイナミックなガンアクション、そして何よりたった3話、かつほんの僅かな台詞とシーンで一気に引き込まれたシナリオの妙っぷりに揺さぶられまくり。
アニメ脚本で近年ここまでのマジックって早々お目に掛かった記憶がちょっと無いかも。ああもうなにこれ。そして……ええっと、どうしよう?

Posted by このはら柚子 - 2010.12.22,Wed

更新が滞ったままいつの間にまた月日が経過していたという。何が起こったのか以下略的な。

b8f1f7cd.jpg




















それはさておき本家でも告知させて頂いた通り、冬コミ新刊の入稿をどうにか済ませましたよ、ってことでひとつ。
正直言うと今回は「ああ、これは落ちるかな。少なくともオフは無理かな」って覚悟せざるを得ない山が二つ半ほどあって、本当どうなるか分からない感じではあったものの、最後の最後でどうにか巻き返しに成功。
終わってみれば当初の懸念とは裏腹にむしろかなり密度の高いものに仕上げられたかも、なんて手応えを得られるような感じの入稿となりましたので、是非コミケ会場で手に取って頂ければありがたく思います、と柄にもなくお願いの言葉とか述べてみたり。

ともあれこの度もかなりシビアな進行の最中、ビジュアル担当の高菜しんの先生が熱い仕事っぷりで応えてくれて、こうともなれば例によってウンウン唸りながら字コンテその他発注資料を纏める過程をしっかり行った甲斐もあったというもの。
そしてかねてからに引き続きこの度も四薔薇会の本多由亨さんに編集/校正の面で盤石のアシストを頂いたことについても付記。
吹き荒れるルビの嵐と最後の最後まで出てくる誤字脱字の掃討がどうにかこなせてるのもまさに氏のお陰。という訳で、いつもお世話になっている両氏にここで改めて感謝の言葉を。個人サークルの体裁を取ってはいるものの、お二人の助力頂けるからこその拙作です。
いやでも要所要所での発注や調整の必要こそあっても概ね企画とライティングに専念させてもらえるってほんと強み。こういう辺りの連携はツール・ド・フランスのようなロードバイクレースにおけるチーム内の連携にも通じるものがあるかもなんて漠然と。
自分は決してエースでは無いけれど、常々しっかりと応えてくれるクライマーやスプリンターのアシストを貰えるからこそこうして今回もまたどうにかゴールに飛び込むことが出来たに違いない、ってなもんで。

・あと、これはあくまで偶然の産物ではあるものの、今回は挿し絵の配置が何時にも増してバチッと決まったことについても敢えて言及。
常々微妙に字数や改行をいじってテキストの位置調整を行ってベストを狙ってはいるものの、今回はそういう手間を掛けるより前の段階でまさに絶妙な感じに挿し絵とテキストのレイアウトが固まって、確認作業中に二人して思わず声を上げたのもよい思い出。

・という訳で、久々の更新も兼ねて冬コミの告知などしてみましたのこと。
今回の出し物は以上……のはず。多分。
ひょっとしてひょっとしたりする可能性も皆無ではないけれど、それについては直前辺りにでもまたサイトの方を覗いて頂ければこれ幸いってことで。

・夏以後ほとんど更新出来ていなかったので、流石に来年はもう少しどうにかしたいなぁと思う所存。そう、既にもう今年も残り10日も無いという。

Posted by このはら柚子 - 2010.12.20,Mon

ご無沙汰してますお元気ですか、随分と寒くなりましたね、という訳で、何はともあれ冬コミでスペースを頂けることになったのでサイトの方でもご報告、ってなことでひとつ。ともあれ例によって今回も新刊はティアナ本のはず。

・それにつけても今年の夏はあっという間だったというか、7月末からこっちの流れがあまりにも目まぐるしすぎてちょっと月日経過の感覚が麻痺気味。
というか夏のオフセ入稿を終えて、そこからコピー誌作業に取りかかって、一息吐くか吐かないかのうちにもうリリマジっていう流れはちょっとばかりハードだったかも。
高めのテンションが続くのはよいことだし、なにより楽しかったからまぁよいのだけれど……でも似たような繋ぎが来年以後もまたあるのなら、せめてもうあと1、2週間空けてほしいなぁと思わずに居られなかったのもまた本音。

・にしてもリリマジ10の盛り上がりっぷりといったらあまりにも斜め上だったと率直に。無論よい意味で。
他のジャンルとの合同イベントっていう形式で会場もビッグサイトの東館だったっていうのが大きいのだろうけれど、それにしてもあのほとんどコミケ三日目状態の空気は並々ならぬものがあったと言うより他無し。よき哉。

・極めてコンディションのよいキシリウムSL(07モデル)を破格で譲って貰ったので、ロードバイクのホイールをWH-6600から換装。
最初は硬い、踏み負けるって印象ばかりが先に立っていたけれど在る程度回し慣れてからはその持ち合わせた強みの片鱗がどうにか実感出来るようになってきてよし。つか、これちょっと凄いかも。言ってみればきっちり回せばきっちり応えてくれる感じ。但し回せないとダメ。そういう意味では常に乗り手を試し問いかけ続けてくるホイールなのかも、なんて風にも。


・祖母逝去。長く続いた夏から暦が秋へと切り替わったまさにその日の早朝のこと。
長患いの果てとはいえ、ほぼ天寿真っ当の大往生とみて差し障り無い状況だったのが救いと言えば救い。血縁的な意味とは別に、ある意味自分のルーツの一端を与えてくれたような人だったので感慨も少なからず、よっと過日よりここまで引きずるのも無理はないと言うより他無し。繰り返し浮かぶのは感謝と、その安らかな眠りを願う言葉ばかり。

・モダンな佇まいで中身もシステマチックの一言に尽きる昨今の火葬場は大層結構だとは思うけれど、裏腹にどうにもある種の違和感拭えず。決してネガティヴな印象に尽きた訳でもないけれど。
・そんな風に思い浮かべつつしばし逗留した末に漠然と行き着いたのは、ああこれって駅とか空港なのかって印象。確かに空に昇れそうな気はした。但し土に還るのはどうにも難しそう。どちらがアリでどちらがビミョーなのかはちょっと分からないけれど。

・今敏も逝った。首藤剛志も野沢那智も他界した。時の移ろいは必然であり、止めること叶わず。別離ばかりが世の理か……とふと思い起こしつつざっくり纏める最中にふと思い浮かべずにいられないなど。そしてもう暦は冬だ。

・締め切られてしまわないうちに予約を済ませてしまそうと思いつつ、再生環境は未だ無いけど思いきってBDで押さえてしまうか、いやすぐ見たいだろやっぱりだからDVDに止めておくかと思案。発売日は11月26日。タイトルは言わずもがな。

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]