忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2009.12.10,Thu

・ペリカンよりも佐川よりもJPの方がずっと手強かったという話。
数秒おきの呼び鈴三連発、それでも済まさずに直後電話まで掛けてくる周到っぷり。とはいえそこまでされても出られない時ぐらいあるってもの。そう、誰しも一日1回や2回ぐらい。

・先に入手確定していたものがようやく発券開始日を迎えた……ってことで年の瀬のけいおん!ライブイベントのチケットをコンビニで店頭で発券。後になって思ってみれば別段郵送でもよかった気もするけれど、まぁとりあえずそれはソレ。
横浜アリーナの場内配置はよく分からなかったので席位置の把握は戻ってから施設の公式サイトで。丁寧な検索システムに番号を入力してみたら……あれれ、割といい感じの位置だったりするかも。にしてもようやく実感が湧いてきたというか、やっぱり現物が手許に来てなんぼの感が。

・コミック版「紅」4巻読了。
表紙そのままに切彦ちゃん登場で、そのままギロチン編に突入するかと思いきや、その実展開はどんどん明後日の方向へ。さりとてその分切彦ちゃんとリンのキャラ立てが充実していてよし。特にリンは原作だとほとんど出て即退場同然のキャラで、そこはとかなくもったいない感があった分、そこをしっかり救ってくれるような配慮は微笑ましくもあり、また妙味。
これまでも決して原作そのままを踏襲してきた訳でもないし(というかコミック版開始当初はオリジナルエピソードそのものだったし)、微妙に遠回りしつつ大元の本筋跨いで右へ左へ蛇行するような格好で、結果的には齟齬や矛盾を生じさせない形に落とし込むのもまぁいつものこと……とはいえここに来て原作と完全に枝分かれするような気配が立ちこめてきたのは、はてどうしたものか。
ていうかコミック版独自のキャラを出すのはまぁよいとして、そんなポジションで原作に存在しないキャラを突っ込んで来るのは結構リスキーなんじゃと思わないでもなかったり。早々に顔見せに出てきた絶奈なんかはまぁ別にいいとは思うんだけど、よりにもよって崩月家、しかも夕乃さん絡みかぁ。。
原作のカバー/挿し絵そのままの絵柄って強みがあるのは元より、別媒体からのコミカライズ作品としては早々他に類を見ない程の良質な纏まりっぷりを誇る作品だと思うので、ひとまず今回の冒険もよい方向に働くこと祈りつつ。
しかしまぁ、よもやブルーサイドでもその格好かルーシー・メイ。それもわざわざ水着の上から。

・それっぽい劇伴から始まって大概過ぎるネーミングの数々、挙げ句の果てにレイバン掛けてヘリから身乗り出してショットガンで狙撃までやっちゃった「ミラクルトレイン」9話といい、妄想劇場ホーダイのカノンちゃん大プッシュな「キルミンずぅ」10話といい、なんだか週の頭から流石にトバし過ぎだと思った。

・溺れながらも藁を掴むように取り組んではみるものの、その都度身体がこわばるような感覚に苛まれ中。ある種の不随意状態っていうか。何らかの障害を負ってリハビリに取り組む人の感覚ってひょっとしてこんな感じだったりするのだろうか。
いずれにせよ、夏辺りは抑え込むことが出来ていたモノがここに来ていよいよ吹き出してきた心地。正直持て余す。

・そして、引きずられるように微妙に体調も芳しくない有様。
自転車に乗ることが習慣化して以来、ここ数年は倒れるほどの大風邪こそ引いて無いけれど、その代わりに胃腸はどんどん弱っているような気がしないでも。


コメントレス
>Jさん
ペダルリフレクターの有効性は確かに認める所ではあるものの、A530だとなかなか、ねぇ。
一応純正の対応リフレクターユニットあるみたいだけれど、あまりにもあんまりな感じでごつくなる上にモノとしては値段がちょっと、ね。

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]