忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2010.02.17,Wed

・ひとまずオフ入稿を遂げてほっと一息吐いてはみたものの、なんだか妙に終わった感が無かったっていうのが正直な所。
で、そうこうしているうちにポロッと転がり出るものがあったのでとりあえずプロットの形にだけ纏めて保留、オフ作業の間に手つかず気味だったり、時節柄ちょっとバタバタしてた私事絡みを片付けつつ、他にも俄に迎えた「風呂場の湯沸かし器が故障か!?」なんて窮地も含めて諸々どうにか乗り切って、その段になってようやくひと心地付けたので公開以来どうにも行く機械を失したままになっていた「なのはMOVIE1st」を観に行ってみたらこれがすこぶる良作で揺さぶられまくりの火を点けられまくりで、そこからまたしても俄然テンション上がってしまったのでさぁ大変。
そんな訳で先のプロットから一気に作業を始めて大体二日でコピー本をでっち上げるべく取り組んでどうにか脱稿。土曜のうちには印刷製本まで漕ぎ着けられましたよ――っていうのはイベント直前までの話。

・そんなこんなで準備も完全、もう少しバタつくかと思ったけれどその実割と割と余裕を持って寝て起きて、いざ出掛けてゆるゆると会場に到達、さぁ新刊二種を机の上に出して設営――と思ったら、会場に直接搬入されているはずのオフ新刊の箱が見当たらなくて思わず目を丸くしてみるのこと。
流石に動揺禁じ得なかったのでスタッフの方に伺ってみたところ、ひとまず宅配便業者も未だ作業中だからもう暫く様子を見てほしいとの返答が。よってひとまず出来る限りの設営を済ませるだけ済ませて、とはいえ浮き足立たずにもいられなくてそわそわしているうちにお隣さんもスペース入り。
で、聞くとも無しに届いた言葉を手掛かりに思いきって伺ってみたら、なにやらそちらも自分と同じ印刷所を利用して本日直接搬入予定、けれど動揺にモノが届いていないと分かって途端に産まれる妙な連帯感。
更に耳より情報だったのが、彼らが会場にたどり着く直前、こちらに向かっている印刷所のトラックをすぐ先で見かけたとのことで、この時点でようやくどうにか安堵。
まぁ、折からの渋滞とあっては仕方ないし、その直後間に合う形で無事搬入を遂げて貰えたので結果オーライ。まぁこんな風に色々とある。

・お隣さんと言えばお約束的に御本の交換なども……って進呈して頂いた冊子を改めて見たらなんと昨夏に自ら購入していたサークルさんだった。些細なことかもしれないけれど、なんだかちょっと嬉しかった瞬間。

・ともあれいよいよ開場。
コミケはともかくONLYイベント自体はちょっと久々だったのでどうなることかと思っていたけれど、いざ蓋を開けてみたらのっけからものすごい盛り上がりっぷりで正直圧倒されまくり。
劇場版記念って訳でもなく、けれどごくごく当たり前にそこかしこで新刊が出まくってるし、会場直後はサークル単位での購入列が通路をうねりまくりでスタッフの方々が混雑対応に出張らざるを得ない状況も多数勃発、そして昼を廻る辺りの頃合いになっても人が減るどころか同会場の別ホールで行われていた他ジャンルのONLYイベントや有明で開催のコミティア辺りから人が流れて来ているのか、第二第三の賑わいの波が来て、結局閉会まで場内が閑散とするようなことは一切無し、といった具合。
ううむ、なんというか今更ながら、ある種改めてのカルチャーショックっていうか。なのは自体それこそ無印から数えたら既に6年、SrtikreSから3年ってことで、どちらかと言えば最新というより息の長いって印象の作品ではあるけれど、そういった経緯実情を踏まえつつも、今尚しっかり根付いているジャンルの底力みたいなものを久々に痛感させられたかも。
ていうかもうそこかしこで熱気が噴出してる感じでアテられまくりの揺さぶられまくり。すごいよちょっと予想の斜め上過ぎた。 参加層もサークル/一般いずれも年齢幅広いし、あと意外と女性比率高いのにも驚かされたかも。いやもう広くて厚くて熱くて同時に落ち着きもある感じで雰囲気良すぎ。

・さておきそんな中当方スペースもお陰様で、というか思いがけず好調で恐縮ながらもありがたく流石にコミケとは勝手が違うから正直言うとあまり奮わないのも予め覚悟してたりしたのだけれど、蓋を開けてみたらさにあらずでよい意味で予想をひっくり返してもらえた感じ。
コピー本も言ってるうちに無くなってしまって、あと昨夏刊行分の既刊も今回で全て手持ちの在庫が捌けてしまったのもちょっとしたサプライズ。後者については嬉しい反面、今後イベントに参加する際に机に並べられるものが減ってしまった訳で、それはそれで寂しく思わないと言ったら嘘になるもどかしさも。嗚呼二律背反。

・で、まぁなんやかやで終日ほとんどスペースに居座っていたものの、前々から度々入手していたサークルさんの本は今回もつつがなく確保することが出来たのでそういう面でもひとまず充実。
見落としが無いとも限らないけれど、イチオシのティアナを扱った本自体は元より極めて少ないせいか今回も見当たらずでそういう意味では残念でもあるけれど……でもまぁ今回も読んでて転がりたくなる充実っぷりが堪能出来る作品にいくかつ触れることが出来たのでそれはソレ。いいなぁ「なの×フェイ」。いや微妙に「フェイ×なの」でもあるのだろうけれど。

・スペースに居座っていたと言えば、机の向こうに行き交う人達を眺めている最中に、双方眼鏡でちょっと小柄な、それぞれなのは及びフェイトのStrikerS制服姿の二人組が通りかかって得も言われぬ眼福感が。
こちらの視界の端から端へ、ゆるゆるとあちこちのスペースを眺めながら行き過ぎるその手と手がずっと繋がれっぱなしだったのがやたらと印象的。いやもう雰囲気出てるなぁっていうか、正直見てるこっちがちょっと照れくさくなってしまうようなある種のオーラが。

・あと他にも見かけたものが無いでもないけれど、それはソレで軽く目眩を覚えて途方に暮れてみたり……とそこに丁度絶妙なタイミングで通りかかったフェイトさん19歳からチョコを貰えて、咄嗟になんだか救われた心地がいろんな意味で。大意としては概ねそんな感じ。うん、嘘は書いてない。

・とまぁそんな感じで充実のうちに閉会。撤収の後に一日手伝ってくれた友人と一緒に限定ハニトー目当てでパセラへ……行ってみたもののWeb上の表記とは裏腹に件の品の取り扱い無し&満室で暫く待ち必須とのことでうっへり。
ともなればどうしたものかと暫し思案しつつ、結局はパセラに辿り着くまでの間に鼻先をくすぐったチーズの匂いに引き戻されるが如く手前のピザ屋に転がり込んで食い倒すことに。
反省会というか次に繋ぐべくのアレコレ創作談義も出来て何より。とりあえず次は5月のなのはトライアングラー、かな。

・ともあれコミケに続いて改めてONLY参加という形でジャンルの雰囲気というか手応えみたいなものを実感することが出来たのが何より大きかったかも。
開催中に色々とまた新たな取っかかりみたいなものも掴めたし、そして当日を迎える間にもアレコレ目覚める心地があったし。うーん、妄想って大事。妄想ってすごい。

・で、会場で出た紙ゴミの類を詰めた半透明のポリ袋を会場を出てから帰宅するまで延々手に提げ続けるハメになったという。
ダンボールの類こそ回収出来るけれど普通ゴミの捨て場に困るのが蒲田PIOの玉に瑕。よい会場だと思うんだけどねぇ、どうにかならないものか、ならないんだろうなぁもうずっとのことだし。

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]