忍者ブログ
にっきっぽい。
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by このはら柚子 - 2010.04.07,Wed

・さりとてちょっとお呼ばれしたので出掛けた先でひとまず4時間カラオケ。
そこから更に繋いでテープルを囲むべく適当な店を探すも、覗いた先が次から次へと満席或いは予約済みで軽く途方に暮れかける日曜夕方上野界隈。上野公園から流れてくる人達がやっぱり多いのかもと憶測を巡らせつつ、それでもどうにか腰を落ち着けた先はアメ横奥深くのガード下、しかも軒先の外テーブルというエキセントリックなシチュエーション。
花冷えそのものな寒気を気にしつつも、串ものを摘んでグラスを傾けて喋り倒せばそれはソレってなものでひとしきり盛り上がってひとまず結果オーライ。人伝の縁とはいえ初対面の方が多めのこういう機会っていうのも思えばもう暫く無かったような。言ってみればまさにオフ会って感じでそれもまたよし。

・で、何が楽しいって微妙にテリトリーが違ってはいても各々の守備範囲を小出しにしつつ、互いにそこを更に探り合って一致を見る度に湧けるって状況が。聞けばあまりよく知らなかった作品に対する興味関心も湧いてくるものだし、逆に相手が知らないものについて語っても間髪入れずに一刀両断されない穏やかさ。
こういうのも思えば随分とご無沙汰かもとふと。そして実にありがたいってことを改めて。

・色々あって銀魂ライブビューイングに参加……とこれは先月末の話であり、いわば書き漏らしの落ち穂拾い。
本来は国技館で行われている一大ステージイベントをリアルタイムで中継、劇場のスクリーンで鑑賞するっていう趣向の催しで、正直蓋を開けてみるまではどんな雰囲気か全く読めなかったものの、実際は思いの外楽しめて安堵。伴ってお声を掛けて頂いた向きにも改めてお礼をば。
銀時新八神楽の中の人まんまっぷりも凄かったけれどキャスト面で妙にツボに入ったのは土方と近藤さんでした。つか近藤さんの中の人いいなぁ。あと土方の中の人はリアルトッシーだったりパーリィだったり色々とサービスが過ぎた、無論よい意味で。
一応アニメの方は大体見ているし、伴って曲の方もそれなりに知っていたお陰で日頃あまり縁の無い方向性のライブパートもなかなかに堪能出来たし……ここではDOSEのボーカルの人がえらく鼻高で、その先をマイクに載せるように口を近づけて歌う姿がやたらと印象的でしたよ、ってなことについても付記。

・MW2。マップをようやく覚えられてきたのか、キル数がじわじわ伸びて来てその分経験値もサクサク入って来るように。
そんな調子で次々アンロックが進んで来たので今度はSMG枠とLMG枠を物色。
前者はVECTORをチョイス。今回はアサルトライフルとの差別化がしっかりされててよい匙加減。軽くて取り廻しも素早いけれど距離が離れると途端に当たらなくなるのは理に適っててよし。その分連射速度が速いので遭遇戦の際は強みになるけれどVECTORは殊更ものすごい勢いでバラ撒くタイプなので一癖ある感じ。つかそこにラピッドファイアを付けると連射速度が更に速まってそれこそ無茶の領域に。にも関わらずそれを付けてキル数稼がないといけないチャレンジがあったりしてなんというかぢごく。それこそスナイパーライフルでACOG必須のそれと同じぐらいの厄介さ。
LMG枠はMG4を。話には聞いていたけれど遠距離でもべらぼうに当たるので使っているこっちが唖然。取り廻しの重さは否めないものの、それこそ装弾数がやたらとあるアサルトライフルめいた使い勝手のよさ。とはいえ強すぎるのも考え物というか釈然としないというか、ぶっちゃけひと工夫要るぐらいの方が面白いかもなぁなんて風にもここに来て。

PR
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
コメントボタン
最新TB
プロフィール
HN:
このはら柚子
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]